養護・環境配慮【4歳児・6月】の月案文例

養護・環境配慮【4歳児・6月】の文例をご紹介します。

    • 手の洗い方、うがいの仕方が描かれた絵カードを手洗い場に貼っておく。
    • コップやタオルなどは、衛生的に管理する。
    • 安心して静かに午睡できる環境をつくり、必要に応じてエアコンや扇風機も使用する。
    • 休息を取りながら遊べるように、水分補給のスペースを用意する。
    • 子どもの話を、ゆったりと聞く時間を持つようにする。
    • 梅雨期を気持ちよく過ごせるように、室内の換気、湿度に注意する。
    • 朝や戸外から入室する際の、手洗いうがいを徹底させ清潔について意識していけるようにしていくと共に、水の出す量など水道の使い方についても伝える。
    • 気温、湿度など、気候の事を伝えながら、衣服の調節を自分で行えるように促す。
    • 個々のペースに合わせて身支度(洋服の畳み方等)や入室後の着替えがスムーズに行えるよう、声を掛けたり丁寧に援助していく。
    • 子どもたちの話したい気持ちを十分に受け止め、満足感を味わえるようにする。
    • 子どもの気持ちに寄り添い、情緒の安定した生活が送れるようにする。
    • 子どもの健康状態を把握しながら、適切に対応する。
    • 手洗い、うがいの仕方が雑になったら、なぜ必要なのかを伝え、やり方を再確認し、しっかり行えるようにする。