子どもの様子【2歳児・給食】の実習日誌文例

子どもの様子【2歳児・給食】の文例をご紹介します。

  • 給食の準備を待つ間玩具で遊ぶ。
  • 自分でエプロンをつけて席に着く。
  • エプロンの入っているカゴから自分のエプロンを選び、つけて待つ。
  • カゴから自分のエプロンと口拭きタオルを持って席に着く。
  • 個人ロッカーからエプロンと口拭きタオルを持って席に着く。
  • 給食の歌をうたい、「いただきます」の挨拶をする。
  • 給食の内容を見て、エプロンをつけるかつけないか自分で決める。
  • 保育者や友だちと話しながら給食を食べる。
  • 保育者や友だちと一緒に給食を食べる。
  • 苦手な食材は保護者に伝えて減らしてもらう。
  • 布パンツを履いている子は給食前に排泄をする。
  • 排泄をしてから自分の席に座る。
  • 自分のエプロンが置いてある席に座り、給食の配膳を静かに待つ。
  • 元気よく「いただきます」の挨拶をして給食を食べる。
  • 保育者に援助してもらいながらも、自分で最後まで食べようとする。
  • 食べ終えた子から口周りを拭き、汚れ物入れにエプロンを片づける。
  • 食べ終えた子から汚れ物袋にエプロンと口拭きタオルを片づける。
  • 食べ終えた子から「ごちそうさま」をし、保育者と一緒に玩具で遊んで待つ。
  • 食べ終えた子は「ごちそうさま」の号令がかかるまでその場で座って待つ。
  • 食べ終えた子は保育者に見守られながら、自分で下膳をする。