実習生の気づき・動き【4歳児・午睡前】の実習日誌文例

実習生の気づき・動き【4歳児・午睡前】の文例をご紹介します。

  • 排泄や着替えは全て自分で行っており、保育者は子どもの様子を見守っていた。
  • 着脱を戸惑っている子には手伝うのではなく自分でできるように声をかけていた。
  • 自分で着替えがとりやすいように、個人ロッカーの中は常に整理しておくように声をかけていた。
  • 着替えスペースを十分にとっていた。
  • 子どもが着替えの時間を利用して保育者が個人ロッカーの中身を確認し、足りない衣服をチェックしていた。
  • 着脱しやすいように着替えのスペースを十分にとっていた。
  • 洋服を畳んだあと、自分のロッカーに入れる際、間違えて友だちのところに入れないように保育者がチェックしていた。
  • 着替えを早く終えて絵本を読む子、ゆっくり着替える子と個性がでていた。
  • 午睡の準備を行う。
  • 午睡の準備を保育者と一緒に行い、寝具を準備する。
  • 子どもと一緒にコットベッドを並べる。
  • 子どもと一緒に午睡の準備を行う。
  • 給食で使用したランチョンマットや、着替えた衣服をまとめて片付けていた。
  • 布団を敷くとき、体調不良で休んでいたり入眠の浅い子は保育者がいる近くに配置する配慮をしていた。
  • 子どもを集めてから午睡前の絵本の読み聞かせを行う。
  • 午睡前の絵本の読み聞かせは、当番が好きな絵本を選ぶようにしていた。
  • 午睡前の絵本の読み聞かせをする。
  • トントンなどの入眠を促さず、個々で静かに休息を取れるようにしていた。
  • 絶対に睡眠をとる事を強要せず、眠れない子は静かにできる遊びなどをして待てるように援助していた。
  • 寝ている途中で「トイレに行きたい」と訴える子が何人かいた。
  • 休息を取れるように、保育者が環境を設定していた。