健やかに伸び伸びと育つ・環境配慮【0歳児・8月】の月案文例

健やかに伸び伸びと育つ・環境配慮【0歳児・8月】の文例をご紹介します。

    • こまめな着替えや沐浴、シャワーで肌の清潔に心がける。
    • ゆったりとした雰囲気の中で、ミルクを飲ませたり食べさせたりしてくれる保育者に関心がもてるようにする。
    • 食べたい気持ちを大切にしながらさまざまな食材に親しめるようにする。
    • 離乳食は体調を見ながら進める。必要であれば、一段階遅らせる対応をとる。
    • 室内を整理整頓して、清潔感のある保育室にする。
    • いろいろな欲求や要求を優しく受け止め、安心して過ごせるようにする。
    • 気温に応じて温水にし、ミニプールやたらいなどを用意して、無理なく水遊びができるようにする。
    • 水分をこまめにとれるよう、飲みものをポットなどに用意しておく。
    • 一人ひとりの睡眠時間、起床時間を把握し、静かな環境を整え安心して一定時間眠れるようにする。
    • 喃語や発語のタイミングを逃さないよう、ゆっくりと話したり聞いたりして関わる。
    • 運動遊びでは十分に身体を動かしながら、方向(滑り台など)を意識できるような声掛けをする。
    • テラスやプール準備等、大人の動きが子どもの活動の妨げにならないように多動にならないように周りの動きを視野に入れる。
    • 手の届くところにおもちゃを置き、興味がもてるようにする。
    • 暑さで疲れが溜まりやすいので、休息の時間を多く取り、眠くなったらすぐに眠れるように空間を整えておく。
    • 一人一人に合った食事の仕方を工夫し、食べたくなるような机や椅子の配置をする。
    • 棚などの角にはガード、底には耐震マットをしっかりつけて転倒などの危険防止対策を十分に行う。
    • 集中して遊べるようにコーナーに数種類を置く。
    • その日の気温や湿度で主活動の場所を決める。
    • 水や寒天、氷など様々な感触のものを用意する。
    • 季節にちなんだ絵本をそろえておく。
    • 水遊びが十分に楽しめるように、玩具の種類を増やす。
    • 絵本がいつでも取り出せるように環境構成をする。
    • 水や砂の感触を十分に楽しめるよう、遊び方や道具に工夫をする。また、時間差をつけ少人数で遊べるようにする。
    • 好きな絵本や興味を持った玩具や手先、指先を使う遊びなどを用意しておく。
    • 玩具を必要量用意し、一人ひとりが遊び込めるようにする。
    • 歌や手遊びをくり返して楽しめるよう、一緒になって遊ぶ。
    • 水の量を確認すると共に、色々な感触を楽しめるようにする(水風船、色水のクラゲなど)
    • 友だちをかんだりするときは、気持ちを受け止めながら、してはいけないことを言葉や表情で知らせる。
    • ベビーマッサージやふれあい遊びなどで信頼関係を一層深めていく。
    • 着替えの後などは「さっぱりしたね」「気持ちよくなったね」と言葉にして伝えていくようにする。
    • 食事をするペースを個々の発達に合わせ、ゆったりと食べられるようにする。
    • 上手に食べられたときはほめる。
    • 意欲的に食事が出来るように、励まし、声掛けを行う。
    • 保育室の温度や湿度に配慮する。
    • 疲れが出やすくなるので、一人一人の体調管理、水分補給を十分に行い、ゆったりと過ごせるようにする。
    • 静かな環境で、ゆったりと午睡ができるようにする。
    • 毎日の健康観察、体調のチェックを行い、無理なく遊べるようにする。
    • プールや水遊びでは、危険のないよう配慮する。
    • 清潔で安全な環境を整え、安心して探索活動をしたり、伸び伸びと体を動かしたりして遊べるようにする。
    • 砂遊び後の手洗いが十分にできているか、一人一人確認する。
    • 個人差が大きいことから、それぞれの発達に合わせてほめる。
    • つかまり立ちや伝い歩きをしているときは、安全に配慮しそばについて転倒に気をつけながら存分に行えるようにする。
    • 目が覚めた子は、ベランダやほかの部屋で遊ぶようにしてほかの子の睡眠を妨げないようにする。
    • ハイハイの子には興味のある玩具で誘いかけたり、「おいで」と声をかけて動きを促す。
    • 汗を多くかくため、沐浴やシャワーをしたり、午睡後にもこまめに着替えを行ったりする。
    • 言葉と共にジェスチャーもつけて、より分かりやすく伝えていく。
    • 暑い夏を気持ちよく過ごせるように、健康状態を把握し、適度な睡眠がとれるように配慮する。
    • おむつかぶれやあせもなどの予防や、清潔で気持ち良く過ごせるように、沐浴や清拭、着替えを行い清潔を保つ。
    • 子どもの発見に共感し、水遊びを十分に味わえるようにする。
    • 玩具を口に入れた手でいろいろなところを触るので、より丁寧な消毒を心がけ、保育室の清潔を保つ。
    • 絵本を通して、言葉のやり取りを楽しめるようにする。
    • 高月齢の子でシール貼りなど手先の遊びに興味を示しているときは、その遊びを十分に楽しめるようにする。
    • 玩具で遊んでいるときは近くで見守りながら、援助を求められた際すぐに反応できるようにする。
    • 危険がないように、常におもちゃの安全性に留意する。
    • 冷たいね、気持ちいいねなど言葉で表し伝えていく。
    • なん語を豊かにし、言語への関心を深めるために、子どもの指差しには一つ一つ言葉を掛けて受け止めていく。
    • 様々な感触のものに一緒にふれ、「音が出るね」「ふわふわだね」などと言葉にして伝えていく。
    • 優しく呼びかけたり、喃語や指さしを十分に受け止めながら応えて、発語を促していく。
    • 友達がやってみようとしている姿を知らせながら、さり気なく援助し、できたことを一緒に喜び、意欲を高める。
    • 子どもの全体の動きを見て共感し、保育者が様々な表現を喜び、参加しやすい雰囲気をつくる。
    • 安心できる保育者との関係を基盤に、ほかの人との関わりも持てるようにする。
    • 保育者のしぐさの模倣をしてきたら、一緒に楽しむようにする。
    • 子どもの表情や表現を敏感に感じ取り、常に応答的にかかわる。
    • ゆったりとした雰囲気の中で、優しい声でわらべ歌を歌う。
    • 「もう1回(歌って)」などのサインに気づき、応答的に対応する。
    • ボールなどをやり取りする遊びを取り入れていく。
    • 目と目をしっかり合わせて、落ち着いた雰囲気の中で声を掛け親しみを深める。