ライブ研修一覧

2022年10月13日(木)13:00~14:00

子どもの経験を豊かにする保育環境~感性を育む具体的な取り組み~

今回のコドモンカレッジは、子どもの経験を豊かにする具体的な保育環境作りについてです。
保育所保育指針の改定に伴い、『子ども主体の保育』という言葉と共に、子どもの興味や意思を大切にした保育が注目されており、「なぜ主体性が必要なのか」など学術的な研修が保育団体や自治体等では多く実施されているかと思います。
しかし、コドモンカレッジを開催していく中で「子ども主体の保育の意義や理論について学ぶ機会はあるが、どのように保育園で実践すれば良いか分からない」というお声を多くいただきました。
そこで、子どもの遊びをもとにYouTuberごっこなど、子どもが主体となる新しい保育活動を展開している学校法人菊地学園 理事長 菊地 政隆先生よりお話しいただきます。

2022年10月20日(木)13:00~14:00

感情処理によるセルフケアの仕組みとメリット~いつも元気でいるために~

今回のコドモンカレッジのテーマは、「感情処理によるセルフケアの仕組みとメリット」です。
こころと身体のどちらもが心地よい状態であること、それは仕事と家庭の充実のために必要なことと言われています。
しかし、保育現場では、業務量もさることながら、「人」ありきの労働であるため、ストレスを抱えやすい保育士の方も多いのではないでしょうか。仕事をする上でストレスは避けて通れないものですが、過度なストレスを軽減し、メンタルヘルス不調を予防・改善し、心地よい状態を維持することは可能です。
本研修では、いやな感情を減らす方法など、ストレスと正しく付き合う方法について、心理学者としてカウンセリングの倫理や技法にて幅広い活動を行っている、株式会社メンタルサポート研究所 代表 倉成 央氏より、事例をもとにお話しいただきます。

2022年6月28日(火)13:00~14:00

【終了しました】夏季の活動での安全管理 ~事例から学ぶ安全な環境作り~

今回のコドモンカレッジでは、「夏の遊びに関する安全管理」についてお話しいたします。
毎年夏になると、熱中症や水遊び・プール中の事故など保育所での事故についてメディアで多く報じられています。こうした事故を防止するために、プールや水遊びについては、消費者庁より動画や資料が共有され、各保育所で活用されているかと思います。
しかし、夏の遊びの危険は水遊び以外にも、熱中症や遊具での火傷など、子どもたちの身の回りにたくさん潜んでいます。
そこで今回の研修では、水遊びに限らず夏季の遊びで発生する事故全般について、『重大事故を防ぐ園づくり』等の著書を出版し、保育事故などについて研究をされている一般社団法人 子ども安全計画研究所 代表理事 猪熊 弘子先生より解説いただきます。

2022年6月16日(木)13:00~14:00

【終了しました】「選ばれる園」から「無くてはならない園」へ 〜園長に求められる4つのマネジメント〜

今回のコドモンカレッジでは、「選ばれる園」から「無くてはならない園」になるために、保育園の経営者・責任者に求められるマネジメントについてお話いたします。

第7回コドモンカレッジでは、昨今の子どもを取り巻く環境の変化や社会課題など、目紛るしく変化する中で、持続性ある経営基盤をどの様に行っていけば良いか、園児募集に関する成功事例やポイントを交えつつ、研修を行いました。
研修後のアンケートでは、「マネジメントや人材育成についても深く学びたい」とのお声を多くいただきました。
そこで、第2弾として株式会社カタグルマ 代表取締役社長 大嶽 広展氏より、これからの人材育成で大切になる「4つのマネジメントと6つの意識転換」についてお話しいただきます。
園長や主任の皆さんにも、聞いていただきたい内容となっておりますのでぜひご参加ください。

2022年6月10日(金)13:00~13:40

【終了しました】もっと知りたい!食物アレルギーとその対応

今回のコドモンカレッジは、「食物アレルギーの対応」について学びます。
現在では国民の3人に1人が何らかのアレルギーを持っていると言われています。食物アレルギーは1才未満の乳児で最も多く発症し、小児や成人にも幅広くみられています。
今回は食物アレルギーを中心に、子どもたちが直面するアレルギーについての基礎的な情報と、食物アレルギーを持つ園児に対する予防と発生時の対応について解説いたします。

2022年6月2日(木)13:00~14:00

【終了しました】国が推進するSTEAM教育とは~自治体と保育園の取り組み事例から学ぶ~

今回のコドモンカレッジは「国が推進するSTEAM教育」について自治体や保育園の事例から学びます。
昨今、AIやIoTなどの急速な技術の進展により社会が激しく変化し、多様な課題が生じています。
そのため、文系・理系といった枠にとらわれず、様々な情報・知識を活用しながら、課題の発見・解決や社会的な価値の創造に結び付けていく資質・能力の育成が今後求められています。
保育業界においても21世紀に必要な力を育むために「STEAM教育」を導入する園が増えてきました。
なぜ、こういった教育が必要なのか背景を踏まえながらお伝えします。

2022年5月27日(金)13:00~14:00

【終了しました】絵本から広がる遊びの世界~絵本を用いた保育活動を紹介~

今回のコドモンカレッジは、絵本を用いた保育活動についてです。
絵本には、物語絵本・しかけ絵本・知識絵本など様々な種類があり、その中から保育活動の内容や子どもの興味関心に合わせて絵本を選択し、日々読み聞かせをされているのではないでしょうか。
しかし、コドモンカレッジを開催していく中で「保育現場で絵本を用いて保育活動を展開させていくにはどうすれば良いか」など上手く活用できないというお声を多くいただきました。
そこで今回は、絵本の紹介や絵本を活用した保育活動の事例紹介を白梅学園大学の仲本美央先生よりお話しいただきます。

2022年5月18日(水)13:00~14:00

【終了しました】ミドルリーダーの役割とは?~プレイヤーからリーダーへ~

今回のコドモンカレッジは、ミドルリーダーの役割についてです。
ミドルリーダーは園長や主任と他の職員の中間に位置し、リーダーとして必要な実践の知恵や力量を持つ中堅保育者になります。
しかし、今年度初めてミドルリーダーという役割を任された保育者は、「リーダーの役割はなにか」「リーダーとして他の保育者とどのように関わるのか」などを理解する前に業務を行っている方も多いと聞いております。
そこで、今回は保育施設におけるミドルリーダーに求められる役割や具体的な業務、他の保育者から信頼されるために必要なことについて、キャリアアップ研修(マネジメント)を担当しているわかたけかなえ保育園 園長 山本 慎介先生よりお話しいただきます。

2022年5月12日(木)13:00~13:45

【終了しました】多様な子どもの発達支援~環境構成の工夫~

今回のコドモンカレッジは、発達支援における環境構成の工夫がテーマです。
日常の保育の中で子どものパニック、座っていられない、噛みつき、などの行動にお困りの方も多いのではないでしょうか。 保育者が『困った行動』と感じる行動の多くは、環境構成で改善することも多いと言われています。
本研修では、第2回コドモンカレッジにおいて子どもの困った行動の背景や関わり方について研修いただきました、 保育・療育のプロフェッショナル藤原里美先生より、 どのように保育環境を工夫すればよいのか、お話いただきます。

2022年4月27日(水)13:00~14:00

【終了しました】信頼される保育者になるためには~保護者とのコミュニケーション~

今回のコドモンカレッジは、新卒保育者向けに保護者とのコミュニケーションについて研修いたします。
新卒保育士の入社に伴い実施する新卒研修では、保育士としての在り方や保護者対応などについてお伝えすることも多いのではないでしょうか。
しかし、新卒研修のアンケートを実施したところ、「新卒にどういった内容を伝えれば良いか分からない」「新卒研修を行わずOJTで気になったときに声をかけている」という回答も多くいただきました。

そこで、4月12日の接遇マナー研修に続き、新卒研修にお役立てできる、新卒保育士に向けた研修を開催いたします。
今回は、保護者とのコミュニケーションについてお茶の水大学アカデミック・プロダクション特任教授 宮里 暁美 先生よりお話しいただきます。

  • すべて

  • 受講料

  • 主催者