2023年 216日(木) 13:00〜14:00
園長・副園長研修

保育者の業務改善 〜ノンコンタクトタイムの導入〜

  • 無料
  • オンライン開催
  • 要予約

「ノンコンタクトタイム」とは、保育者が勤務時間内に子どもたちと物理的に離れ、事務仕事や研修、保育者同士の語り合いやふり返りを行う時間のことです。
保育の質向上においては、このノンコンタクトタイムが非常に重要だと言われています。
「保育者同士で子どもについて語り合う時間がほしい」「業務時間内で研修を受講したい」とノンコンタクトタイムを望む保育者の声も多く、また、実際にノンコンタクトタイムを取り入れている保育現場も増えています。
しかし同時に、コドモンカレッジの参加者からは、「ノンコンタクトタイムを確保することの難しさに直面している」というお悩みも寄せられています。

そこで今回は、「保育分野の業務負担軽減・業務の再構築のためのガイドライン」に監修者として携わるなど、保育分野で多方面にわたりご尽力されている大方先生に、保育者の業務改善やノンコンタクトタイムの導入に向けたアプローチ、具体的な事例についてお話していただきます。

※本研修はライブ研修のみでございます。見逃し配信はございませんので、ぜひ当日ご参加ください。

この研修はオンライン(Zoom)での開催です。お申し込み後参加URLを発行いたします

申し込みはこちら(無料) 研修報告書をダウンロードする

研修内容

13:0014:00

  1. 1.業務改善の考え方

  2. 2.業務改善の実施に向けたアプローチ

  3. 3.業務改善の取り組み内容

登壇者

大阪総合保育大学 学長 大方 美香

大阪総合保育大学学長、同大学院教授。
専門は保育学・乳幼児教育学。城南女子短期大学教授を経て現職。子育てサロンぶらんこを主催し、子育て支援の実践にも携わる。
文部科学省中央教育審議会委員、厚生労働省社会保障審議会委員。著書多数。

注意事項

本研修はどなたでもご参加いただけますが、研修終了後の見逃し配信をご希望の方につきましては、コドモン共通アカウントが必要となります。
アカウントをお持ちでない方はご登録の上、お申し込みください。
なお、コドモン共通アカウントにつきましては保育園・認定こども園・幼稚園・発達支援センター等の子ども関連施設で勤務されている方に限定させていただいております。そのため、個人やそれ以外の施設さまのご参加はご遠慮いただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

申し込みはこちら(無料) 研修報告書をダウンロードする

運営:株式会社コドモン

株式会社コドモンは、保育者が子どもと向き合うための時間と心のゆとりを創出すべく、保育所におけるICTの活用支援を行ってまいりました。保育業界の課題解決に向けた新たな取組として、保育者の専門性向上における支援事業を開始しております。全国の保育者に対し学びや気づきの機会の提供を推進してまいります。

よくあるご質問

  • ライブ研修のお申し込み手順について教えてください

    コドモンカレッジサイト内の上部にある【ライブ研修】より、ライブ研修のページに移動します。研修一覧より、参加したい研修のタイトルをクリックいただくと、研修ごとの詳細ページに移動します。日次や研修内容をご確認の上、【申し込みはこちら(無料)】より必要事項をご入力の上、ご登録ください。操作手順などの詳細につきましてはFAQをご参照ください。

  • 複数名で参加する場合の申込方法を教えてください

    1つの端末を用いて、皆さんでご視聴いただいても差し支えありません。その場合、代表者が1名お申し込みいただきますようお願いいたします。複数端末での視聴をご希望の際は、大変お手数ではございますが、それぞれのメールアドレスをご準備いただき、別途お申し込みいただきますようお願いいたします。

  • 研修当日の参加方法を教えてください

    お申し込み時に送付しているメール、もしくは研修前日にお送りしているリマインドメールより『ウェビナーに参加』のボタン、またはURLをクリックいただくことでご参加いただけます。操作手順などの詳細につきましてはFAQをご参照ください。

  • 研修に参加したいのですがZOOMが上手く開けません

    【ZOOMのアプリで開く場合】と【ZOOMブラウザ版で開く場合】で操作が異なります。操作手順などの詳細につきましては以下のFAQをご参照ください。
    【ZOOMのアプリで開く場合】はこちら
    【ZOOMブラウザ版で開く場合】はこちら

  • 同じ参加URLを共有して複数端末で参加することは可能ですか

    同じURLを共有して複数端末より同時にご視聴いただくことは可能ですが、正常に接続できない可能性があるため、できる限り別のメールアドレスで複数お申し込みください。

よくあるご質問をすべて見る