この研修は終了しました

2022年 98日(木)13:00~14:00
園長・副園長研修 主任・副主任研修

【終了しました】子どもの虐待予防研修 ~早期発見から通告の流れを知ろう~

  • 無料
  • オンライン開催
  • 要予約

今回のコドモンカレッジは、子どもの虐待防止について研修をいたします。
昨今、社会の課題となっている子どもの虐待は、家庭のみの問題ではなく、子どもを取り巻くすべての環境で取り組む必要があります。
特に保護者の次に子どもと多くかかわる保育所は、虐待を早期発見しやすい立ち位置にあります。
保育所に通っている子どもたちの安全と育ちを守るために、保育者としてどのように虐待と向き合えばよいか、早期発見のポイントなども踏まえて、武庫川女子大学の倉石哲也先生よりお話しいただきます。

この研修はオンライン(Zoom)での開催です。お申し込み後参加URLを発行いたします

この研修は終了しました

研修報告書をダウンロードする

研修内容

  1. 1.子どもの虐待の原因とは  

  2. 2.虐待を早期発見するには

  3. 3.虐待と疑わしい場合の対応方法について

  4. 4.親子分離後のケアについて

登壇者

武庫川女子大学 家族ソーシャルワーク研究室 倉石 哲也

武庫川女子大学にて家族を中心としたソーシャルワークに関する教育・研究に携わり、子どもを守るための支援と親を加害者にさせないための支援に取り組んでいる。現在は、保育所、市町村、児童相談所の最前線で支援を行っている専門職と一緒に子どもと親への支援のあり方について研究を行っている。厚生労働省社会福祉審議会児童部会委員やその他保育団体の委員としても活動を行っており、NHK Eテレ『すくすく子育て』にも出演。
著書は『保育現場の子ども虐待対応マニュアルー予防から発見・通告・支援のシステムづくり』(中央法規出版)、『子ども家庭支援』(ミネルヴァ書房)など、家庭支援に関する著作多数。

注意事項

本研修はどなたでもご参加いただけますが、研修終了後の見逃し配信をご希望の方につきましては、コドモン共通アカウントが必要となります。
アカウントをお持ちでない方はご登録の上、お申し込みください。
なお、コドモン共通アカウントにつきましては保育園・認定こども園・幼稚園・発達支援センター等の子ども関連施設で勤務されている方に限定させていただいております。そのため、個人やそれ以外の施設さまのご参加はご遠慮いただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

この研修は終了しました

研修報告書をダウンロードする

運営:株式会社コドモン

株式会社コドモンは、保育者が子どもと向き合うための時間と心のゆとりを創出すべく、保育所におけるICTの活用支援を行ってまいりました。保育業界の課題解決に向けた新たな取組として、保育者の専門性向上における支援事業を開始しております。全国の保育者に対し学びや気づきの機会の提供を推進してまいります。

よくあるご質問

  • ライブ研修のお申し込み手順について教えてください

    コドモンカレッジサイト内の上部にある【ライブ研修】より、ライブ研修のページに移動します。研修一覧より、参加したい研修のタイトルをクリックいただくと、研修ごとの詳細ページに移動します。日次や研修内容をご確認の上、【申し込みはこちら(無料)】より必要事項をご入力の上、ご登録ください。操作手順などの詳細につきましてはFAQをご参照ください。

  • 複数名で参加する場合の申込方法を教えてください

    1つの端末を用いて、皆さんでご視聴いただいても差し支えありません。その場合、代表者が1名お申し込みいただきますようお願いいたします。複数端末での視聴をご希望の際は、大変お手数ではございますが、それぞれのメールアドレスをご準備いただき、別途お申し込みいただきますようお願いいたします。

  • 研修当日の参加方法を教えてください

    お申し込み時に送付しているメール、もしくは研修前日にお送りしているリマインドメールより『ウェビナーに参加』のボタン、またはURLをクリックいただくことでご参加いただけます。操作手順などの詳細につきましてはFAQをご参照ください。

  • 研修に参加したいのですがZOOMが上手く開けません

    【ZOOMのアプリで開く場合】と【ZOOMブラウザ版で開く場合】で操作が異なります。操作手順などの詳細につきましては以下のFAQをご参照ください。
    【ZOOMのアプリで開く場合】はこちら
    【ZOOMブラウザ版で開く場合】はこちら

  • 同じ参加URLを共有して複数端末で参加することは可能ですか

    同じURLを共有して複数端末より同時にご視聴いただくことは可能ですが、正常に接続できない可能性があるため、できる限り別のメールアドレスで複数お申し込みください。

よくあるご質問をすべて見る