【リーダー研修】新人保育士を指導する際のポイント

 
保育に関する知識やスキルが身についている中堅保育士に、新人指導を任せることもあるでしょう。新しく中堅保育士に新人指導を任せるときには、指導のポイントについてリーダー研修を実施することをおすすめします。
 
そこで今回は、リーダー研修で教えるべき新人保育士を指導する際のポイントについてご紹介します。新人保育士に教えることはたくさんあるため、必要な情報をしっかりと伝えられるように、研修で事前に確認しておきましょう。
 
 

どうやって新人保育士を指導する?

 
新しく保育士になったばかりの方は、まだ知識やスキルは乏しいものの伸びしろがあり、さまざまなことを吸収する力に長けています。そのため、新人保育士一人ひとりの特徴や状況に合わせ、適切な指導を行うことが大切です。
 
いままでに新人保育士の指導経験がない場合には、「どのように指導すればいいのだろう」と悩むこともあるかもしれません。
新人保育士の指導をする際のポイントは以下のとおりです。下記を参考に、自園にあった指導方法をリーダー研修で伝えましょう。
 
指導方法①新人保育士はなにを悩んでいるか考えよう
指導方法②新人保育士を指導するポイントをおさえよう
・コミュニケーションをしっかりとる
・意見を聞く
・指示を出すときは的確に!
・いいところはたくさんほめる!
 
 

指導方法➀新人保育士はなにを悩んでいるか考えよう

 
まずは新人保育士がなにに悩んでいるかを考え、知ることが大切です。
新人保育士から経験をつんだ中堅保育士の場合、働きはじめたころの大変だったことやつらかったことは覚えているものの、そのときの具体的な悩みまでは思い出せないものです。また、新人保育士の置かれている状況や性格、持ち合わせているスキルなどによっても悩みは異なります。一人ひとりのことをよく知ることで、その人に合った適切な指導方法を考え実行することができるでしょう。
 
ここでは考えられる新人保育士が抱えやすい主な悩みを2つご紹介します。
 
 

覚えることがたくさんでいっぱいいっぱい

 
新人保育士のなかには、「これ以上覚えられない」「なにがなんだか分からない」といった悩みを抱えてしまう方も少なくありません。新人保育士は子どもへの接し方はもちろん、社会人マナーや園の規律・習慣、同じ園で働く職員の名前や関係性など、さまざまなことを覚えていく必要があります。
 
経験を積んだ保育士とは覚えることの情報量が異なることを頭にとどめておきましょう。
一度にたくさんのことを教えるとパンクしてしまい、仕事がつらくなり辞めてしまう可能性もあります。
 
 

先輩保育士に聞きたくても聞きづらい

 
分からないことや気になることがあっても、なかなかほかの保育士に相談できないケースも珍しくありません。とくにベテラン保育士が多い環境では萎縮してしまい、誰にも相談できずひとりで悩みを抱えてしまう方もいます。
 
分からないことがそのままになってしまうことで、「さらに仕事上でのミスが増える」「子どもや保護者に迷惑がかかる」といった悪循環に陥る可能性もあるため、注意が必要です。
 
 

指導方法②新人保育士を指導するポイントをおさえよう

 
新人保育士は、知識や経験がまだ乏しいため悩みを抱えやすい状況にあります。働きやすい環境を作るためにも、まわりの保育士のサポートが必要です。新人保育士を指導する際のポイントをおさえ的確に指導ができるようにしましょう。ここでは4つのポイントをご紹介します。
 
 

コミュニケーションをしっかりとる

 
まずは新人保育士が悩みを相談しやすい環境をつくりましょう。そのためには新人保育士と積極的にコミュニケーションをとり、信頼関係を築くことが大切です。
 
はじめての環境で慣れない業務に追われている新人保育士は、こちらが思うよりも余裕がありません。指示をだして終わりではなく、こちらから進捗を確認したり、分からないことはないかを確認したりすることが大切です。そういったことを繰り返すことで、信頼関係を高め、働きやすい環境づくりにもつながります。
 
そしてたくさん対話をすることで、新人保育士がどのようなことに悩んでいるかを把握しやすくなります。悩みや苦手なポイントが分かれば個人に合わせた的確な指導が行えるので、新人の悩みをより効果的に解決できるようになるでしょう。
 
また、信頼関係を築くことで、指導したことを受け入れてもらいやすくなるといったメリットもあります。苦手な先輩や上司の意見は素直に受け取れないものです。話しやすいと思ってもらえるように積極的にコミュニケーションをとりましょう。
 
 

意見を聞く

 
新人保育士は、長く働いている人たちとは違う視点をもっています。園の方針を認識しきれていないからこそ、新しい意見がでてくることもあるでしょう。
「新しい意見だから」「園のやり方に合わないから」などと新人保育士の意見を受け入れないと、新人保育士がより意見を発言しにくくなってしまいます。園の方針とはかけ離れた意見であっても、実際に取り入れることで新しい発見につながるかもしれません。
新人保育士の意見を取り入れることは難しくても耳を傾けることで、「自分の意見を聞いてくれる」と風通しのよい職場と感じ、モチベーションにつながるでしょう。
 
 

指示を出すときは的確に!

 
新人保育士は「いつなにをすべきか」といった優先順位が分からないものです。
「〇〇お願い」「これやっておいて」など、曖昧な指示をしてしまうと、意図しない伝わりかたをして余計に時間がかかってしまう可能性があります。そのため、新人保育士にやってほしいことの内容や期限、理由などを一緒に伝えましょう。
伝え方次第で、目的やねらいを意識して取り組めるようになります。以下で事例をご紹介します。
 
【事例】
指示1:「壁面作っておいて」
指示2:「もうすぐ12月になるから、クリスマスを意識した壁面に変えようと思っているよ。来週の月曜日までに壁面制作をしてもらえるかな?朝、子どもたちが登園する前に飾っておきましょう」
 
指示1では「今やるのかな?」「期限はないんだろう」といった誤解を招く可能性があります。
いつ・なにを・なぜ・どのようにといったポイントをおさえて、はっきりと指示をだしましょう。
 
 

いいところはたくさんほめる!

 
指導となるとついつい気になることばかりを指導してしまいがちになってしまいますが、新人保育士のいいところを見つけて伸ばすことも大切です。
 
「今日は急なトラブルにも落ち着いて対応できていたね」「笑顔が多くて明るいから、子どもたちからも好かれているね」など、よいところがあればできるだけ言葉にして伝えてあげましょう。
褒められることでモチベーションがアップし、「子どもに積極的に接するようになる」「言われる前に行動できる」など保育にもよい影響を与えられるようになります。
 
また、新人保育士が行っている雑務にも感謝の気持ちを伝えることが大切です。
「いつもお掃除ありがとう」「今日も朝いちばんに来たんだね!」など、些細なことでもかまいません。自分の頑張りを見てくれている人がいると気づくことで、前向きに仕事ができるようになります。
 
 

まとめ

 
保育士として経験をつむと新人保育士の指導を中堅保育士に任せることもあるでしょう。
人によって抱えている悩みが異なるため、対応に一貫性がなく、指導する保育士と新人保育士との相性が合わないこともあり、新人指導は簡単ではありません。そのため、新人指導を行う際には、指導時のポイントをおさえて的確に対応することが大切です。リーダー研修を行い、保育士一人ひとりにあった新人指導ができるようになるといいですね。
 
コドモンカレッジ」では、リーダーシップ研修やクラス担任研修など、保育現場で役立つ研修を多数開催しています。
新人保育士への指導方法を検討中の方、リーダーとしての在り方にお悩みの際は、ぜひ「コドモンカレッジ」をご利用ください。
研修はオンラインで実施しておりますので、お気軽にご参加いただけます。
 

    
« ».