【新人研修テーマ】保育士にとって重要な保護者対応とは?

 
 
保育を円滑に進めていくためにも、保育士の適切な保護者対応は必須です。
たとえ新人保育士であっても子どもにとっては「先生」であり、保護者からは「保育の専門家」としての関わりを求められます。
入社時に新人研修を行い、保護者対応の基礎を伝えていきたいですね。
 
この記事では、保護者対応の重要性と気を付けたいポイントをまとめていますので、以下のような悩みを抱えている保育士の方にオススメです。
「新人研修で保護者対応について教えたいが、どこにポイントをしぼったらいいかわからない」
「保護者対応の基礎をいま一度自分の中で整理したい」
 
研修で具体的に伝えることによって、新人保育士が保護者と良好な関係を築いていけるよう支援していきましょう。
 
 

保育士の保護者対応とは

 
保育士にとって保護者対応は大切な仕事の1つです。
適切な保護者対応を行うことで得られるメリットは3つあります。
 
【3つのメリット】
・保育士と保護者の良好な関係のもと、子どもの最善の利益を保証できる。
・保護者が保育士のサポートを受けながら、安心して子育てができる。
・保護者が保育園を信頼し、運営に理解と協力を得られる。
 
保育士の適切な保護者対応が、子どもと保護者、そして保育園に平和で優しい雰囲気をもたらします。
そしてそのことが保育士にとっても「働きやすい職場になる」というよい循環を生み出すのです。
 
保護者対応のポイントをおさえ、保護者と信頼関係を築くところからスタートするように新人保育士に伝えましょう。
 
 

保護者対応①挨拶

挨拶をする際に意識すること

 
挨拶はコミュニケーションの第一歩です。
自分から「おはようございます」と子どもや保護者に声をかけるように教えましょう。
 
【挨拶をする際に意識すること】
・笑顔
・明るくハキハキした声
・相手の表情を見る
 
元気のない表情や小さすぎる声は「この先生に子どもを預けて大丈夫かしら」という不安を保護者に抱かせてしまいます。
笑顔で「また今日も元気に登園してくれて嬉しい」といった思いを伝えるように新人研修で教えましょう。
 
また、相手の表情を見ながら挨拶をすることで、目が合うと同時に、子どもや保護者の状態をキャッチすることもできます。
保護者は仕事と子育ての両立で身体的にも精神的にも疲れています。
新人保育士が子どもだけでなく、保護者の様子にも気を配れるようになるといいですね。
 
 

挨拶に一言プラスする

 
「おはようございます」の挨拶だけで終わらせるのではコミュニケーションもなかなか深まりません。
挨拶のあとに一言つけ加えると保護者とコミュニケーションが取りやすくなります。
 
【「おはようございます」のあとにプラスする一言の例】
・今日は朝、寒かったですね。
・ステキな靴ですね。
・〇〇ちゃん、今日も元気いっぱいですね。
 
子どもはもちろん、保護者にも意識を向けた声がけを行うことで、信頼関係が深まります。
お迎えどきには「おかえりなさい」「さようなら」だけで終わるのではなく、子どもの日中の様子を伝えるように新人研修で教えましょう。
 
保護者は子どもが園でどのように過ごしていたのか知りたいと思っていますし、子どもの様子を伝えることで「先生、うちの子のことちゃんと見ていてくれたんだ」という安心感・信頼感にもつながります。
 
はじめは難しいかもしれませんが、挨拶プラス一言を意識するように伝えましょう。
 
 

保護者対応②身だしなみ

 
両親や祖父母など、保育士はさまざまな年代や性別、考え方をもつ大人と関わります。
どの人からも信頼感を得るために、身だしなみには気をつけなくてはいけません。

保育士に必要なキーワードは「清潔感」です。
鏡の前に立って以下の3点を新人研修でチェックしてみましょう。
 
【身だしなみチェック】
・化粧
・髪型
・袖や裾の長さ
 
 

化粧

 
薄化粧を基本とし、どの年代の方が見ても違和感をおぼえないよう整えられているかチェックしましょう。
社会人としてノーメイクはNGですが、OLのようなバッチリメイクも必要ありません。
 
【メイクのNG例】
・子どもにファンデーションやリップが付着する
・メイクが気になって子どもと思いっきり動いたり、笑ったりできない
・何度もメイク直しが必要
 
保育園という職場に適した「薄く、ナチュラルなメイク」を心がけるよう伝えましょう。
 
 

髪型

 
肩にかかる髪はまとめられているか確認しましょう。
長い髪を下ろしたままにしていると、保育士の表情が見えにくかったり、不衛生に見えたりします。
子どものためにも、保護者からの信頼を得るためにも髪はまとめた方がいいと理由まで新人研修で伝えられるといいですね。
 
乳児クラスでは、おんぶをする時のことも踏まえて伝えましょう。
背中にいるあかちゃんに保育士の髪が触れることのないよう、髪を横で束ねたり、おだんごにしたり、といった工夫が必要です。

また、カラーにも気をつけましょう。
髪色は人の印象を大きく左右します。
髪を染めることに対しての偏見は昔よりも少なくなってきましたが、明るすぎる髪色に不適切な印象をおぼえる方もまだまだたくさんいます。
安心して子どもを預けてもらうためにも、清潔感を感じる髪型や髪色にするように新人研修で教えましょう。
 
 

袖や裾の長さ

 
服の袖は手にかかっていませんか?
ズボンの裾はひきずっていませんか?
寒くなってくると、ついつい袖の中に手をいれたくなってしまいます。しかし手が出ていない保育士を見て、保護者はこう思います。
「この先生はうちの子が危険な時、手を差し出して助けてくれるのだろうか」
保護者に安心してもらうためにも、子どもの安全を守るためにも、長い袖はまくってしっかり手を出すように新人研修で教えましょう。
 
またひきずるほどの長いズボンも避けたほうがいいです。不衛生に見えますし、安全面でも保護者は不安をおぼえます。手足をしっかり出して、安全・清潔な保育士だと保護者に感じてもらうことが大切です。
 
 

保護者対応③言葉づかい

 
保護者と話をするときはもちろん、子どもとおしゃべりをしているときも若者言葉は避け、正しい言葉づかいを意識するように新人研修で教えましょう。不適切な言葉は「この先生に子どもを預けて大丈夫かしら…」と保護者を不安にさせてしまいます。

また保護者と会話をする際に、保育の専門用語を使用することもひかえたいですね。保育士が当たり前に使っている言葉を保護者が知らない場合もあります。

わかりやすい、丁寧な言葉でコミュニケーションを重ねていくことが、信頼関係を作る上で重要になってきます。
 
 

若者言葉

 
最近は肯定的な感情も、否定的な感情も「ヤバい」の一言で表現する方が増えてきました。もちろん保護者の中でも「ヤバい」という言葉を使う方がたくさんいます。保護者も使っているのなら保育士も使ってもいいのかといえば、そうではありません。言葉を選んで子育てしている保護者もたくさんいます。そして「ヤバい」という言葉を使う保護者のなかにも、保育士には適切な言葉を使って欲しいと望むかたは多いのです。
 
保育士は子どもの育ちを支える専門家です。言葉を獲得していく時期の子どもたちにどう接していくことが望ましいのか、そして世間からどう望まれているのかを考えるように教えましょう。

子どもが自分の感情を豊かに表現できる言葉を伝え、保護者からの信頼も獲得していけるように教えられるといいですね。
 
 

専門用語

 
保育士は「未満児・以上児」という言葉を日常的に使いますが、保護者にとって「未満児・以上児」は保育園に入園して初めて出会う言葉です。 「未満児・以上児」 といった言葉を直接聞く機会がない限り、未満児が0~2歳児クラス、以上児が3~5歳児クラスだということを知らないままでしょう。そんななかで保育士から「以上児さんはこちらへどうぞ~」と声をかけられても、「異常児?」となりかねません。

このように保育士が当たり前に使っている言葉でも保護者が知らない場合もあります。もし保育の専門用語を使ってしまい、保護者が分からないようであれば、別の言葉で言い直すよう新人研修で教えましょう。

きちんと伝わる言葉でコミュニケーションをとることで、保護者との信頼関係は築かれていきます。
 
 

まとめ

 
研修で新人保育士に伝えるべき保護者対応のポイントは以下の3点です。
 
・心のこもった挨拶
・清潔感のある身だしなみ
・適切な言葉づかい
 
新人研修では、具体的な事例をまじえながら説明するとイメージしやすいでしょう。ベテランになっても保護者対応は緊張をともなうものです。
 
先輩保育士が見守りながら、新人保育士が少しずつ経験を重ね、自信をつけていけるよう支援していきたいですね。
 
 

    
« ».